岡山県大会名物
全国大会出場者による
歌謡ショー2011

岡山県大会の名物コーナー
「全国大会出場者による歌謡ショー」
前年度、岡山県の代表として全国大会に出場された方々の晴れ舞台として
また、その後活躍されている方々にも出演していただき
その成長ぶりなどを皆様に披露していただく華やかなコーナーです。

2010年 岡山県知事賞受賞
全国大会は、最優秀賞受賞(グランプリ6位)
太 田  寛
「いい声ですね」と誰もが認める太田さんの美声。
今日は、最優秀賞の実力を存分に発揮。
低音で力強くも甘〜いソフト感のある歌唱は、
聴く側に感動を与える「男の花火」であった。
2010年 ビクター賞受賞
直 原 典 子
全国大会に、いささか慣れてはきたものの
緊張を隠し切れなかった直原さん。
しかし、今日は、自身の低音の魅力を爆発!
心に染み渡る「北窓」を熱唱。
2010年 岡山市長賞受賞
安 藤 久 志
豊富な経験を積んで舞台度胸は抜群の安藤さん。
いつも爽やかで、好青年。
今日は、趣味の「歌とサッカー」の話など交えながら
本番さながらの雰囲気で「凍て鶴」を熱唱!!
2010年 日本大衆音楽協会長賞受賞
浅 尾 絹 子
今日は、ドレスで隠れてはいたものの脚の骨折で
痛みもあり、満足に歌えない自分に
もどかしさを感じながらの登場。
「横笛物語」を歌いながらリベンジを決意していた。
2010年 NHK岡山放送局長賞受賞
尾 崎 ひろ子
全国大会では、いつも話題豊富な尾崎さん。
そんな楽しくも悲しい失敗談を
来場者たちは、熱心に聴き入っていました。
歌は、嫁ぐ前の娘心を歌った「鮨屋」を
繊細なタッチで見事に歌いあげ、拍手喝采でした。
2010年 JA岡山中央会長賞受賞
芦 野  茂
全国大会では、優秀賞受賞
とても79歳とは思えない健脚で元気な芦野さん。
いつも冷静で、緊張ぶりは全くない歌唱である。
今日も「津軽海峡鮪船」を力強く歌われました。
2008年 内閣総理大臣賞受賞
穂 崎 恭 通
内閣総理大臣賞受賞後、自信も付けて
ますます歌に磨きがかかるだけでなく
歌のための身体づくりも欠かさない努力家。
大会では、スタッフとして大奮闘の1日であった。