演歌歌手大倉れいさん逝去


2003年 歌の国体 第19回 日本大衆音楽祭 全国大会
オリジナル部門全国優勝 NPO法人日本大衆音楽協会会員

幼少の頃より歌手を夢見ていた 大倉れい(本名・大枝礼子)さんは
24歳で上京し、歌手・井沢八郎氏や、作曲家・弦 哲也氏の師匠である
作曲家・大沢浄二氏の元で日々レッスンに励み
遂に2014年1月念願のメジャーデビューを果たしました。

しかし、デビューと同時に病が発覚。
残念ながら薬石効なく2015年6月8日の朝、
倉敷市中庄出身の演歌歌手「大倉れいさん」は、
梅雨空の彼方に旅立ちました。
享年33歳という若さで、しかも、念願のメジャーデビューをしたばかり。
周囲はもとより、れいちゃん自身が一番辛く苦しかったことと思います。
今はただ、ご冥福を祈るばかりです。
メジャーデビュー曲「蛍火海峡」をみんなで歌い続けていきましょう!
「蛍火海峡」のCDご入用の方は、岡山支部事務局までご連絡ください。



念願のメジャーデビュー曲
「螢火海峡」ジャケット


2014年1月31日 ラヴィール岡山に於いて
新曲発表パーティーを開催。
しかし、既に病魔が襲いかかっていました。






2012年の全国大会当日、岡山県チームを励ましに
陣中見舞いに来てくださった大倉れいさん。
19歳の時(2003年)全国大会部門優勝をされた時のことを
懐かしく思い出して話をされていました。
(日本青年館のロビーにて撮影)